メンヘラーたらんせ

精神科通院中の(一応)高校生の戯言です。私の跡を残すために。

金パブODをした話。

過去にブロンODをして見事失敗したワタクシですが、今度は金パブODをしました。

 

金パブ…パブロンゴールドのこと。メンヘラによるメンヘラのための造語。

OD…オーバードーズのこと。ぽくしゅりの一気飲みのこと。

 

さて先にその結果ですが。

 

全然気持ちよくない。

てか吐きまくりでした。

金パブなだけあって吐瀉物がゴールドで笑いました。

 

まず30錠飲んだ時点で母親から電話がかかってくる。

👩「もしもし〜元気ー???」

「あーうんごめん怒らないでね薬大量にのんだー」

👩「そっかー怒らないよー病院に電話するねー」

 

あとから聞いたら母親、前から私がコッソリODしてると思ってたらしい。ひでぇな(が、否定はしない)

 

👩「ちなみに何錠飲んだの?」

「えっと…70(現時点30しか飲んでない)」

 

さぁ大変。ここから一気に40錠+その日処方された薬(エビリファイ)21錠を10錠ずつのペースで飲みます。

 合計91ですね。あはん。

 

暫くして母親からまた電話が

👩「病院に電話したらね〜救急車で来てくださいって」 

おぅ???きゅーきゅーしゃ?????

 

「え、やだ」

👩「そうだろうと思った。タクシー呼ぶよ」

 

理解ある母に感謝しかない。(爆)

 

通いつけの大学病院にタクシーでゴー…のはずが運ちゃん(あれ、運ちゃんって差別用語だっけ?まぁいいや)が場所を理解してなくて口頭で道案内するハメに。

この時点で、フワフワするかなーとか思うけど何もなし。

そうこうしてるうちに無事到着。代金は1280円。ありがとう運ちゃん。

 

自らの足で救急外来へ。

しばらく待つと、オネエちゃんが出てきて「熱と血圧と脈図りますね〜」と色々してくださいました。ちなみにマニキュア塗ってると指先の脈測れないからODしようとしてるメンヘラ達、気をつけような!!!

そして不思議なことにパブロンを飲んだのに熱が38.2度。こえーよパブロン

 

診察室に入ると優しいオニイサン(精神科医)が横になるように言ってくださり、ピンピンしてる私はオドオドしながら横になりました。

 

👱「熱もあるし入院をオススメするな〜」

「でも母と話さなきゃ」

👱「まぁ君の意思で決めてね〜(もうちょいちゃんとしてたかも)」

 

その日は母と話をし、無事1日入院することになりました。この時点で夜8時。

病棟に行くと洗剤(ナノックス)を飲んだ時に入れられた以来の懐かしの処置室に入れられました。看護師さんも好きな人ばっか〜幸せ〜うふふ〜

しかしそう言ってられるのもここまででした。

 

そう、

吐き気で眠れない。

 

やべぇー吐きそうーしかも手震えてきたし。

手の震えはマジで怖かった、後遺症として残るかと思ったもん。

眠いけど眠れないまま時間はどんどん過ぎてゆき。

 

👩‍⚕️「起床の時間です〜」

 

はい、一睡も出来ませんでした(白目)

その後2回ゲロりました。ゲロボックスが枕元に置かれる屈辱を私は忘れません。

 

結局気持ちよくも、覚醒も、ふわふわも、しませんでした。

 

ということで。

パブロン、駄目、ゼッタイ。